任意継続被保険者制度

2年間の継続加入

この制度は、退職などによって被保険者の資格を失った場合にも、条件を満たせば希望により2年間継続して被保険者となれる制度です。

任意継続被保険者になることができる条件は次の2つです。

  1. 退職日までに継続して2ヵ月以上の被保険者期間がある。
  2. 資格喪失日から20日以内に健康保険組合へ加入手続きを済ませる。

加入申請は資格喪失日から20日以内に健康保険組合に対して行います。加入されますと、新たに保険証が交付されます。保険証の記号・番号が変わっていますので医療機関の受付に新しい保険証の提示を忘れないでください。

保険料は全額自己負担(今までの本人分+会社負担分を加算した額)

イラスト

保険料は全額自己負担(今までの本人分+会社負担分を加算した額)保険料を決めるもととなる標準報酬月額は、原則として次のうちのいずれか低いほうになります。

  1. 資格喪失時の標準報酬月額
  2. その健保組合の全被保険者の平均の標準報酬月額

①が②を超える場合、規約の定めがあれば、①または①と②の間で健康保険組合が定める額とすることも可能です。

ただし、保険料に事業主負担はなくなって、全額個人負担になります。標準報酬月額の決定方法は、各組合の規約によって異なる場合があります。
また、保険料の納付期限は当月の10日までで、それまでに納付されないときは、翌日から被保険者の資格がなくなります。

保険料の納付方法は、毎月納付、半年前納(4月~9月・10月~3月)、年前納(4月~3月)から選択でき、前納制度には割引があります。保険料は当月の10日(土日祝の場合は翌銀行営業日)が納付期限と定められており、それまでに納付されない時はその翌日から被保険者の資格がなくなります。前納制度利用の場合、対象期間開始月の前月の末日(土日祝の場合は翌銀行営業日)が納付期限です。

任意継続の資格喪失

任意継続被保険者の資格は次の場合に喪失します。

  1. 2年を経過したとき
  2. 他の医療保険に加入したとき
  3. 保険料を期日までに納付しなかったとき
  4. 死亡したとき
  5. 75歳に到達したとき
  6. 資格喪失の希望を申し出て健保組合が受理したとき

任意継続保険料の納付証明書について

任意継続保険料は、年末調整や確定申告の際に「社会保険料控除」として所得控除を受けることができます。その際、領収書や納付証明書を添付する必要はありません。金額の確認が必要な場合等は「保険料納付証明書」をお送りすることができますので、健康保険組合までお問い合わせください。

申請書類はこちら

書類提出上の注意

A4用紙で全てのページをプリントアウトして使用してください。

裏紙を使用しての提出不可

書類はすべてペン(消せる筆記具は不可)で記入してください。

申請書類は、勤務先健康保険業務担当者へ提出してください。(健保に直接提出ではありません。)

Get ADOBE READER

PDFファイルをご覧いただくには、Adobe(R) Readerが必要です。

お持ちでない場合は左のアイコンをクリックしてダウンロードしてください。

このページのトップへ